イクオス英語学院・茅ヶ崎寝屋川校・英語音読マラソン

お問い合わせ

〒572-0838 大阪府寝屋川市八坂町19-6 TEL/FAX072-800-5295 京阪本線寝屋川市駅徒歩1分

英語を聞いて情景がイメージできる脳

フォニックス会員募集中

英語の音をしっかり身につけるフォニックスクラスがスタートします。
英語の発音がよいことは財産です。誰でも参加できます。
日本人の苦手なRとLの違い、有声音と無声音の違いも体験します。
英語の正しい音を口と筋肉に記憶させます。
10月8日(土)スタート。

費用:1回30分 1000円(1回ごとに支払い)
    教材費(冊子代:500円)
※問い合わせ、申込みはイクオス英語学院まで

英語音読マラソンサークルスケジュール(月3回土曜日)

 9:30〜10:30  カードゲーム(英語のシャワー) 幼稚園児から大人
10:30〜11:00   英語の歌、ダンス、絵本 2歳〜幼稚園児まで 
 11:00〜11:30  フォニックス 幼稚園児から大人 

英語音読マラソンからのメッセージ

2001年にスタートした英語音読マラソンも、参加してくれたメンバーと
共に成長し、数々の発見や喜びを生み、私も含めた参加者全員が
飛躍的に英語力を伸ばすという結果をもたらしました。

そして、2016年4月、寝屋川のイクオス英語学院で、「英語音読マラソン」
は英語脳を作るユニークなサークルに変身します。
英語を聞いて情景がイメージできる脳
これがなくては英語を聞いても、読んでもすぐに反応できません。
これがなくては英語が使えません。

将来のバイリンガルを育てます!!

幼稚園児、小中学生、高校大学生、パパママおじいちゃんおばあちゃん
誰でも参加OK。参加費も家族単位で月3回×3カ月¥5500。

月3回土曜の午前中にやっています。
・2歳〜幼稚園未満 10:30〜11:00 英語の歌ダンス、英語絵本
・幼稚園以上 9:30〜10:30 SSTカードゲーム

※問い合わせ、申込みはイクオス英語学院サザエまで
詳しくは下記チラシ、What's New欄をご覧下さい。

英語音読マラソンキッズのチラシスケジュールはこちらから
*************************************

2015年10月11日(日)に行われた
第15回英語音読マラソンスピーチコンテストの結果や写真
を掲載しています。ご覧下さい。

*第15回英語音読マラソンのスタートにあたって*

2015年4月より第15回英語音読マラソンがスタートします。
第15回のテキストは「英語で日本を話すための音読レッスン」
浦島久/マイケル・ノア著 日本実業出版社


2001年、アメリカ同時多発テロの起こった9月にスタートした英語音読マラソンも(第6回のハーフマラソンを含めて)、2015年4月より第15回をスタートすることになりました。

昨年も、音読をアウトプットへつなぐさまざまなアクティビティを試みました。
スモールトークでは true of false ゲーム、なりきりインタビュー、4コマ漫画など、とっさに英語で反応することをやってきました。また発音も英語特有の音を強化してきました。

スピーチコンテストは残念ながら台風のため中止となり、申込みいただいたみなさまには、ご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。けれどもコンテストに備えてパフォーマンス力を鍛えたことは、みなさんの英語力をアップさせたと確信しています。

第15回は、さらに発音を強化し、美しい英語の音でスピーチコンテストにトライします。
脳と身体がとっさに反応できる英語の瞬発力をトレーニングします。これってアンチエイジング!

aggressive に1年間一緒に英語を上達させましょう!
これから1年英語を通して共に成長していきたいですね!よろしくお願いします。

*第1回英語音読マラソンのスタート*

海外旅行や海外とのビジネスが当たり前となった今、どうしたら英語がスラスラと話せて、外国人とコミュニケーションできるのだろうかと悩んでいませんか?

この「英語の音読マラソン」設立者である北川孝子さん(国土交通省認定 通訳ガイド)もそんな一人でした。そんな時出会ったのが、日本の英語同時通訳の草分けである國弘正雄氏が書かれた「國弘流 英語の話しかた」でした。

國弘氏はこの本の中で、「ひたすら音読することが英語上達への最も効果的な方法である」として「只管朗読(しかんろうどく)」を提唱されています。

なるほど。確かに音読は、インプットとアウトプットの同時練習としてとても有効な方法ですね。けれども一人で音読をやり続けることはとても大変なことですよね。

そこで、どうしても音読をし続けてみたかった北川さんは、仲間を募って音読を実践したらと考えました。
そうすれば、一人ではともすると中途で挫折しがちな音読も皆で励ましあって続けられると考えたのです。

こうして2001年9月、奈良で誕生したのが「英語の音読マラソン」です。

今まで「三日坊主」で終わってしまっていたあなた!
スラスラと英語を話せるカッコイイ自分を夢見て
仲間と一緒に「英語の音読マラソン」を始めませんか?

* 会の発足については、國弘氏の承諾を得た上、進行状況は同氏にもお知らせしています。

追悼 國弘正雄先生

先日新聞で國弘正雄先生の訃報を知りました。

15年前國弘先生の「國弘流 英語の話し方」を読んで感銘を受けた私は、
音読こそが英語学習の王道であると確信し、「英語音読マラソン」を立ち上げました。
まとまった量の音読をぜひやってみたかったからです。
継続するために仲間を募り、音読を一緒にやっていこうと呼びかけました。

そして、先生のお名前を使って「あの英語の神さまと呼ばれる國弘先生が
推奨される英語学習の王道、音読を一緒にやりませんか?」と呼びかけました。

お名前を使うに前に先生へお手紙を差し上げ、このように呼びかけるチラシを
作ってよいですか?とお尋ねしました。もちろん返信があるとも思いませんでしたが、
一応お尋ねしてみなければならないと思ったからでした。

ところが、何と出かけていた私が帰ってみると家族が「國弘さんという人から電話があったよ」
という話。「えっ、あの國弘先生?」

それが「英語音読マラソン」の歴史のスタートでした。ちょうど講談社より國弘先生監修の
「英会話・絶対・音読」が出版されるというお知らせで、タイミングよくその初級編を使って
マラソンをスタートすることができました。

その後スピーチコンテストを開催したお知らせをするたびに、すぐに(本当にすぐに)ハガキ
でお返事が来ました。先生のようなお忙しい方が、私のような者にもわけ隔てなく対応して
下さることに励まされ、英語音読マラソンを継続してきました。

國弘先生本当にありがとうございました。これからも仲間と一緒に音読を継続していきます。
どうぞ安らかにお休み下さい。
合掌!